寝るだけで痩せるって本当なの?

寝るだけで痩せる? 毎日寝てるけど痩せてるとは思わないけど!

bd_girl_sleep

って言う声も聞こえそうですが

寝て痩せる方法というのは存在するのです!

 

 

何故、寝るだけで痩せるのかって?

 

なぜなら寝ている間に「成長ホルモン」が分泌されて

内臓脂肪を燃やしてくれているからなのです。

 

成長ホルモンとは?

成長期、思春期の後半に分泌されて子供の身長を伸ばしイメージがあります。

 

タンパク質を筋肉に変えたり

脂肪をエネルギー源として燃やしたり

 

子供の頃、学校帰りに間食しても太らないのは、成長ホルモンが脂肪を燃焼させているからなのです。

 

ところが大人になると成長ホルモンの分泌が減るんです。

分泌が減ると脂肪は燃焼しにくくなるので太る一方!

page02_pic_01

だがしかし!

大人でも一日のうち睡眠中だけは

成長ホルモンがどんどん分泌されて脂肪が燃えやすくなるのです。

 

でも寝ている間に痩せていないけど!

 

睡眠時間が何時間というものではないのですよ

睡眠の中身

質が大切なのです。

 

成長ホルモンが出る時間に睡眠をとること

夜の10時〜夜中の2時の4時間に熟睡することです。

この時間に成長ホルモンが大量分泌されるのです。

image_1_4

夜更かしして夜中の2時に寝て

朝9時まで眠ったとしても成長ホルモンによる脂肪の燃焼は期待出来ないのです。

 

成長ホルモンのおいしいところとは

成長ホルモンは脂肪燃焼作用もそうですが

他にもいろんな効果があるのです。

 

アンチエイジング

老化の原因人ある古い細胞を新しい細胞に置き換えるんです。

成長ホルモンを注射してアンチエイジング効果をねらう若返りもありますが

それよりもゴールデンタイムに熟睡!

ここ大切です。

 

ゴールデンタイムの睡眠には

美肌効果もあるのです。日中、紫外線にやられているカラダを

寝ている間にケアしてくれているのです。

  • シミの原因となる「メラニン色素」を回収
  • シワや皮膚のたるみをもたらす「コラーゲン繊維」を修復
  • 睡眠不足による肌荒れを修復

皮膚や内臓が受けたダメージも回復してくれます。

 

まとめ

ゴールデンタイムに熟睡出来るようにするには

早起きが肝心。体内時計を先ずリセットすることが重要です。

 

コレが出来れば、寝るだけで痩せるカラダが手に入ります

量より質です。

 

睡眠を見直してみるのも、いいかもしれませんね。

 

成長ホルモンと筋トレでアンチエイジング効果があるってホント?

筋トレをするとムキムキになるから…

 

いえいえ、女性は男性と違ってムキムキにはならないのですが

では、なぜ筋トレが必要なのでしょう?

 DF007_L

成長ホルモンの分泌がカギ!

成長ホルモンって、「若返りホルモン」と呼ばれているアレです。

アンチエイジング効果を狙うのなら

成長ホルモンがガキになってくるのです。

 

成長ホルモンってどうすれば分泌するの?

 

成長ホルモンは、男女ともに

思春期にピークを迎え、20代後半から低下し始めます。

 

え!、手遅れやん、ワタシ!って?

いえいえ!諦めるのはまだ早いです

 

成長ホルモンは

 

  • 加齢に関する病気の進行を遅らせることが出来る
  • 脳の機能向上
  • 性欲向上

等など、健康を高める効果があると研究されているんです。

逆に、成長ホルモンが低下するとどうなるのでしょう?

  • 体脂肪増加
  • 筋力低下
  • 性欲やエネルギーレベルの低下

など、健康の低下全般に影響してくるのです。

これはヤバいですよね。

 

どうやって成長ホルモンのレベルを高められるのか?

そのカギは

  • 筋トレ
  • 良質な睡眠

この2つです。

 

え!やっぱり筋トレ!

 

もともとハードにトレーニングをされている方は

明らかに成長ホルモンが増加するのに対して

普段、そんなにトレーニングしていない方は

たいして増加しないというデータもあります。

 

ですが、身近なトレーニングで

ハードに高重量を扱うこともなく

成長ホルモンを分泌させる方法があるのです。

 

女性に試して欲しい筋トレとは

普段、トレーニングしていない人が

いきなり難しいエクササイズって出来ないのですが

簡単に行える方法があります。

 

ですが、継続持続は基本ですよ。

 

チェックポイントは

とにかく3ヶ月は続けてみて下さいね。

毎日じゃなくて大丈夫。

2日に一度のペースで、30分くらいです。

動作はゆっくりです

スクワットや腕立て伏せ(ヒザをついても可)

これをゆっくり行うんです。

0DSC01874 

ゆっくり行うのは、力が抜けないからなんです。

コレ、筋肉が「めっちゃスゴいトレーニングしている!」と勘違いするんです。

 

ココが面白いのですが

伸ばしきらない

スクワットなら、足を伸ばしきらない

腕立て伏せなら、腕を伸ばしきらない

ココが、ミソです。

 

伸ばしきることを「ロックする」というのですが

ロックする間、休憩できてしまうんですねえ。

 

ロックする前に、また曲げる!

これが以外にキツいのです。

 

筋肉に圧力がかかりっぱなし。

コレ、意識して下さいね。

 

呼吸を意識すること

キツくなると(力をいれると)、息が止まっているもの

 

ゆっくり吐いて、ゆっくり吸う

コレが大切です。

 

瞬発力がいるトレーニングでは息を止めがちですが

ゆっくり動くトレーニングなので

呼吸し続けるのがとても大切です。

 

休憩は短めが大切

1セットごとに、長々と休息をとると

筋肉が回復してしまいます。

これでは勿体ない!

インターバルは短めに、追い込むようにするべし!

 

 キッチンタイマーがおすすめです(計りながら出来るので)

有酸素運動は後ですること

筋トレが先か、有酸素運動が先かとよくいわれますが

有酸素運動は後です。

そのほうが、成長ホルモンの分泌が活発になるからなのです。

 

これらは、スロトレとよばれるエクササイズです

 

 まとめ

先ずははじめる

そして続ける

筋肉がつくと成長ホルモンがより分泌される

すると、キレイなカラダ キレイな肌になって

カラダのラインもバッチリです。