一週間で美肌を実感する方法

ダイエットをして体重が減ってきたら、嬉しいものです。

0325_1

ですが、肌がボロボロなんてことないでしょうね!

お肌がボロボロというのは、

体の中がトラブルですよと信号を送ってくれているのです。

 

肌は内臓の鏡です

 

  • 動物性脂肪
  • 砂糖
  • アルコール
  • タバコ

こういったもの摂り続けていますか?

これらは肥満や生活習慣病の原因になるのです。

 

 

カラダをキレイにしているときに最初に肌に現れてくるのが

これらの「悪い効果」たち。

  • 乾燥
  • むくみ
  • しわ
  • シミ
  • くすみ
  • 吹き出物
  • ざらつき
  • テカリ

体調のくずれはお肌に現れてきます。

 

肌のトラブル対処方法とは

肌にトラブルがある時は一週間試して頂きたい事があるのです。

  1. 砂糖
  2. アルコール

この3つを断ってください!

 

先ず禁酒から!

煮物なら当分カット フルーツもカット

動物性脂肪も落としてくださいね

 

慎重に脂肪分を落としてみてください。

 

摂って欲しい食品たち

 

  • 発酵食品(ヨーグルト チーズ 納豆など)
  • 野菜

これらを中心にしてください。

それも一週間だけです。これで肌は必ずキレイになります。

おまけに体調も良くなります。

 

ダイエットは見た目もですが、内側からもキレイにしないと

元気で颯爽としたアナタになれませんから。

E38281E381A3E381A1E38283E3829301

生活習慣が新しい感覚にシフト出来ていけば

ダイエット生活も楽しくなってきますよ。

 

 

 

 

朝食抜きダイエットは本当に痩せるのか?

朝食抜きダイエットは果たして痩せるのか

あるいは逆効果なのか

cut01

今回はそのお話です。


 

ダイエットするのなら1食抜くと手っ取り早いものです。

 

だいたい1食 400kcalとして1ヶ月続けただけでも12000kcal

これ、かなりなカロリーなので痩せるのは間違いありません。

 

お正月など短期間に食べ過ぎて太った!なんて焦れば

この方法を取りたい!って思うところ

diet_before_after

ですがお正月前の生活習慣に戻せは、ゆっくりとではありますが

元の体に戻っていきます。

 

でも、急いで戻さなくてはならない時は

一週間だけでも朝食抜き!を試みようとするかもしれません。

 

ココで大切なことがあるのです

 

「一切食べない」はかえって太るスイッチを入れる

 

一週間だけでも朝食抜きではなく

バナナ一本でも、野菜ジュース一杯でも摂るように心がけてください

150104_af9920062737w

何故なのかといいますと

体が飢餓状態に置かれますと、次の食べ物が入ってきたとき

体は「溜め込まなければ」と出来るだけ効率よく

栄養分を溜め込もうとするのです。

 

体が危機感を感じて

「痩せないようにしなければ」というスイッチが入ってしまうのです

 

これがかえって太りやすくしてしまうのです。

 

血糖値が上がりやすい体になると…

朝食を全く食べずに血糖値が非常に低い状態のまま

昼食を摂るとどうなるのでしょう?

 

血糖値が急上昇してしまうのです。

そうするとインスリンも大量に分泌され

その後、急降下してしまいます。

 

これはすい臓を疲弊させるだけでなく

糖尿病へのトリガーを引いてしまうことにもなりかねません。

これって肥満へのパスポートを手に入れるようなもの。

ヤバイです!

 

まとめ

 

大切なのは、

朝食を抜くのではなく

糖質を減らす食事を摂ることがダイエットにはいいのです。

全く食べないのではなく、少量でも食べる。

コレ重要ポイントです。