プランク 夏までにバランスボールで腹筋を鍛えるには?

腹筋の沢山やり方はありますが

無意味に500回やるよりは

バランスボールを使ったプランクをたったの10秒

効果ありあり

 

効いているのが、ダイレクトでわかります。

用意するものは、もちろんバランスボール


腰掛けたときに、ヒザが90度まがる
のが理想です。 バランスボールの選び方の簡単なコツは

 

ボールプランクのやり方

バランスボールを使うと、不安定な感じがするのですが

コレがまさに、体幹を鍛えていることになるのです。

 

1403157157725

 

 

  •  最初は15秒から、写真の状態で静止
  • これを2セット/1日
  • カラダが一直線になるように維持
  • 視線は斜め前方(下を見るとカラダを真っすぐに維持できないんです)
  • 動作中、呼吸を止めない

 

慣れてきたら、20秒、30秒と伸ばしていって下さい。

 

見た目よりも、相当キツいですが

コレ、全身に効いていますので、とにかく腹筋に取り入れて

やって欲しいエクササイズです。

 

ウエストのくびれを作る方法 その4

ウエストのくびれを作る方法 バランスボール編 その2です

 


バランスボールはホントに色々なバリエーションができるアイテムです。

それも体幹。

インナーマッスルにも効かせることができる

コアトレーニングアイテムですね。

 

ではバランスボールを使い

くびれに必要な筋肉に刺激を入れていきましょう。

 

初級はコチラを参照してくださいね

ウエストのくびれを作る方法 その3

 

今回はバランスボール編 2です♪

レベルアップで、わき腹(腹斜筋と呼ばれる箇所です

0E38281E381A3E381A1E38283E3829339 (1)
この腹斜筋を鍛えるコトで

キュッと引き締まったくびれができてきます。

 

バランスボールを使いサイド・クランチというエクササイズ方法です

 


・しっかりと壁に足を固定させ行います。

・ボールの位置は骨盤側面の位置に合わせます

・動きは単純です

2013y04m07d_125732359

  • 骨盤を固定に置き、わき腹(腹斜筋)を収縮させ上体を引き上げます
  • 呼吸も忘れずに
  • 上体を引き上げる時はゆっくり息を吐き出し、戻す時に息を吸い込むです。

以上が一つの動きです。

 

これを左右10回1セット

できるようになってみましょう

 

慣れたならセット数を増やしてみてくださいね。
 

バランスボールでのサイド・クランチの動きで私が参考にしていた動画です


 

引き締まったくびれで“美ボディライン”育てちゃいましょ♪